秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅にまつわる知っておきたい基礎知識 » 工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違い

地域に密着して戸建住宅の建築を請け負う専門業者のことを、一般的に「工務店」と呼んでいます。これに対して、全国展開している大手の住宅メーカーを「ハウスメーカー」と呼びわけるようになりました。どちらも同じ建築の専門業者であることには変わりありません。

あえて線引きをするのであれば、工務店とハウスメーカーは「事業展開の規模」と「業務体系」が異なっていると言えます。

多くのハウスメーカーは全国で展開するために、建売住宅のような規格化した家づくりを提案。反対に、工務店では土地に根ざし、施主の希望に応じて自由な設計を提案しているのです。

工務店とハウスメーカーを6つの指標で比較

1:価格

坪面積や設計によってピンからキリまでありますが、どちらかと言えば工務店のほうが安いかもしれません。

ハウスメーカーは広告宣伝費を建築費用に上乗せしていることがあり、高額になる傾向があります。しかし、工務店は高い広告宣伝費は不要のため、その分を工事費に回すことができるのです。

2:技術力

工務店はどんな職人を抱えているかによって家づくりの品質が左右されます。基本的には、腕に覚えのある職人がその土地に合った家づくりをしてくれますが、一概には言えません。

ハウスメーカーは工場で建築資材の加工を行なっている場合がほとんどで、仕上がりは均一と言えます。ただ、こちらも工務店が下請けしていることがあるため、ハウスメーカーとしての評価は難しいところです。

3:品質

全国展開しているハウスメーカーと言っても、一定の品質が担保されていることは間違いありません。なかには、オリジナルの建築資材を開発しているメーカーもあります。

工務店では、木材に強いこだわりがあったりオリジナル工法を確立させていたりと、品質にはとくに気をつけているところがほとんど。

安定した品質を求めるならハウスメーカー、細やかな品質を求めるなら工務店がおすすめです。

4:工期

どんな家を建てるかで工期は変わるものですが、同じ家を建てると仮定した場合、いち早く完成させられるのはハウスメーカーと言えるでしょう。工場からすでに加工された木材を直接配送してもらい、その場で組み立てるような工法が多いためです。

工務店は、職人がその場で1つひとつの作業を丁寧に行なうため、ハウスメーカーより時間がかかる可能性があります。

5:要望

自由な設計ができるという強みのとおり、要望が通りやすいのは圧倒的に工務店です。「ここはお金をかけてでも満足のいく形にしたい」「あまりお金をかけなくてもいいところがある」など、施主の要望に応えながら理想の家をつくりあげます。

ハウスメーカーは、提案する家が規格化されているため、細やかな要望に応えることができません。

6:住宅ローン

工務店は常に柔軟な対応をしてくれるところが魅力的なポイント。地元に根づいている工務店であれば、地元の金融機関との付き合いも深く、住宅ローンのサポートを行なってくれるところも少なくはありません。

もちろん、ハウスメーカーでも住宅ローンについて案内してくれます。ただ、全体的な打ち合わせの数が少ないこともあり、工務店ほどの手厚い対応は期待できないかもしれません。