秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅にまつわる知っておきたい基礎知識 » 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売住宅の違い

自分の理想を自由な形で実現できるのが「注文住宅」で、土地つきで決まった形の家を建てられるのが「建売住宅」。それぞれの特徴や費用相場から、具体的にどんな違いがあるのか確認してみましょう。

注文住宅の特徴

費用相場:約3,338万円

※住宅金融支援機構による、2016年度フラット35利用者調査を参考。

注文住宅は、法律で定められている規則内であれば、敷地面積や工法、間取り、外装・内装などを自由に設計できるのが最大の特徴です。1からすべて自分のこだわりを反映させるには、打ち合わせをこまめに行なっている工務店を選ぶようにすると良いでしょう。完成までに密なやり取りを重ねてくれるような工務店と二人三脚での家づくりができれば、理想と異なる家ができる可能性は大きく下がります。

メリット・デメリットは?

家の間取りや設備、壁紙に至るまで、予算の許す限り自由に設計できるのが魅力です。お金をかけてこだわりたい部分、最低限のお金で済ませてしまいたい部分を自分で決められます。デザインにこだわる人や自分の思い通りの家に住みたい人は、注文住宅がおすすめです。

ただ、実際の仕上がりは完成するまで確認できないのがデメリットと言えます。打ち合わせの回数は必然的に建売住宅より多くなってしまうので、少しでも早く引っ越したいと考えている方には向かない場合も。「引っ越しまでの期間が限られているけれど、注文住宅にしたい!」という方は、その旨を伝えるとできる限りの対応をしてくれる工務店も多いため、一度相談してみることをおすすめします。

いずれにせよ、思い通りの注文住宅に住みたいなら、工務店がどれだけのデザイン対応力があるかが重要です。下記のページでは秩父でデザイン力の高い工務店を紹介していますので、参考にしてみてください。

建売住宅の特徴

費用相場:約3,955万円

※住宅金融支援機構による、2016年度フラット35利用者調査を参考。

土地つきで、すでに家が建てられているものや決まった形の家を購入するのが、建売住宅です。同じ仕様の家が売られる分譲住宅も、ほぼ同じ意味と捉えて問題ありません。

完成している家や、これまでに建てたことのある間取りの家を購入するため、仕上がりのイメージがつきやすいのが建売住宅の特徴と言えます。

メリット・デメリットは?

建売住宅の良いところは、販売価格が決まっていて、間取りや設備なども決まっていることです。すでに家が建てられているのであれば、実際の仕上がりを確認できます。土地がセットになっているので、土地探しの手間が省けるところも◎。

ただ、注文住宅のように自由に設計できないのが難点。家が完成している状態であれば、建築過程を確認できず、どの部分にどんな材料を使っているか細かく見られません。

細かい部分でこだわることができないので、理想の家づくりがある場合はさまざまなハウスメーカーを渡り歩く必要があります。