秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅にまつわる知っておきたい基礎知識 » 施工から完成までの期間

施工から完成までの期間

理想の家づくりを行なうなら、プランニングや土地探しにかかる期間を念頭に置いて進める必要があります。注文住宅で入居までに必要な期間をまとめました。

注文住宅で必要な期間はどのくらい?

家づくりにはたくさんの工程があるため、新居への引っ越しを決めた段階で動くのが吉。土地探しや設計など、それぞれどのくらいの期間を見込めば良いのかをご紹介します。

ステップ1:プランニング(約1~3ヶ月)

どのくらいの予算で、どこにどんな家を建てたいかなど、家を建てるには条件やイメージを明確にしておく必要があります。

このプランニングは、暮らしていくうえでのイメージや資金計画を考えておく期間です。短くて1ヶ月、ゆっくり考える方でも3ヶ月が一般的な目安になります。

ステップ2:土地探し(約3~6ヶ月)

土地を持っていない方は、土地を探すところからスタートします。

不動産会社を通して探すことになりますが、なかには工務店が土地探しからサポートしてくれる場合も。工務店に土地探しから依頼すると、そのまま設計や施工に進められるため、スムーズな家づくりができます。いずれにせよ、期間は3~6ヶ月ほど見込んでおくと良いでしょう。

ステップ3:設計(約3~10ヶ月)

家を建てる土地が決まったら、土地売買契約の締結と同時に、家づくりを行なってくれる工務店やハウスメーカーを決めます。依頼するところが決まったら、家の間取りや設備などの設計へ。地域密着型の工務店であれば、土地に関するアドバイスをしてくれるため、その場所に適した家づくりが可能です。

打ち合わせが増える時期なので、3~10ヶ月ほどかかります。

ステップ4:住宅ローンの手続きおよび竣工(約4~12ヶ月)

土地や家の設計が決まれば、住宅ローンの手続きに移ります。住宅ローンにもさまざまなプランがありますので、悩んでしまう場合は工務店やハウスメーカーに相談しましょう。

また、各種手続きを行なっている間に家の建築が始まります。設計時にどれだけこだわったかにもよりますが、家が完成するまで4~12ヶ月かかると考えておいてください。

ステップ5:入居(約1~3ヶ月)

理想の家が完成したら、いよいよ工務店から家が引き渡されます。この時に完成立ち合いという段階があり、床や壁にキズや汚れがないかといったチェックが可能です。あとからトラブルにならないよう、細かくチェックしておきましょう。

保証書の発行やアフターフォローの説明などを受けながら、引っ越し作業を進める期間として1~3ヶ月ほど見込んでおいてください。

入居できるまで最短でも12ヶ月かかる!

急ぎ足で家づくりを進めたとしても、入居するまでは最短で12ヶ月はかかります。一般的には15ヶ月ほどかかるため、家をつくろうと決めた段階で早めに行動するのがおすすめです。

また、消費税の値上がりが迫っていることや、住宅ローンの金利や最低水準になっていることなどからも、注文住宅は早く購入したほうがお得。その理由を詳しく解説しています。