秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅にまつわる知っておきたい基礎知識 » 政府が推進している「ZEH」とは?

政府が推進している「ZEH」とは?

注文住宅を建てる際に知っておきたい知識のひとつに「ZEH」があります。ここでは、ZEHのメリットやデメリットについてまとめました。

ZEHとは?

ZEH(ゼッチ)とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」を省略した言葉です。その意味は、年間の一次消費エネルギーの量を実質ゼロにすることを目指している家づくりのことを指します。

一次消費エネルギーとは、冷暖房、換気、給油、照明などの住宅における設備機器を機能させるエネルギーのこと。ZEHでは、このエネルギーをゼロにすることを目指しており、太陽光発電や自家発電設備を導入することで、家の中でエネルギーを作り出し、ゼロにすることを目指しているのです。

その他にも、建物の外側の材質を高断熱のできる素材を採用し、家の中の温度を人が快適に過ごせる温度に保ちます。家の構造や材質にこだわることで、断熱性や省エネ性を高め、夏は涼しく冬は暖かい住宅が完成させるのです。

ZEHに関する国の動向

政府は2018年に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」において、「2020年までに新築住宅の50%以上ををZEHにする」「2030年までに新築住宅の100%以上をZEHとする」ことを目標としています。

つまり、これから一軒家の新築、または改築を検討した際に「ZEHビルダー」の業者に依頼すれば、100%ZEH仕様の住宅になるということになります。マンションなどの集合住宅においても推進されていくことが予想できます。

「地球温暖化対策」においても同様の決定がされていることから、ZEHの数を増やすことが、地球温暖化の抑止として、また資源の少ない日本の未来のエネルギー対策として必要不可欠なものであると考えられています。2015年に結ばれたパリ協定の中で、日本は二酸化炭素の排出量を大幅に減らすという目標を掲げました。ZEH支援事業は、その目標を達成するために、建築会社と連携して行っている制度です。

ZEHのメリット

光熱費が抑えられる

ZEHのメリットは月々の光熱費を抑えることができるという点です。「夏涼しく、冬暖かく」という宣伝もあるように、外気温の影響を受けにくいZEHでは冷暖房の使用頻度が下がります。

使用する電力よりも多く発電ができれば、電力会社が買い取ってくれるということもあり、二重の意味で家計に優しいといえるでしょう。

補助金が受けられる

住宅を新築する際にZEHを選択すると、住宅の購入者は補助金が受けられます。なぜなら、省エネの新しい形として環境省、経済産業省、国土交通省などの3省が連携。「ZEH支援事業」として推進しているからです。

また、「2020年までに住宅の50%をZEHが占める」ことを宣言にした工務店やハウスメーカー、リフォーム業者は「ZEHビルダー」として登録されており、実績に応じて業者も補助金が受けられるようになっています。

平成30年度には全国の登録業者は6000社以上になっているので、全国各地でZEHの住宅が建築できるようになっています。

災害に強い家になる

ZEH住宅は家づくりの際に、断熱材を取り入れ、外の気温に左右されない室内環境を整え、自家発電設備を設置して消費電力を産み出すことができるのが特徴です。

そのため、災害によって停電状態に陥った時、太陽光発電システムで、蓄電しておいた発電システムで、エネルギー不足を補えます。

ヒートショック対策になる

家の中での急激な温度変化にさらされた時に、体の中の血圧の乱れや脈拍の変化によって引き起こされるヒートショック。体への負担が大きく、脳梗塞や心臓発作など命にかかわる症状が出るケースがあります。

おもな要因として知られるのは、あたたかいリビングから冷たい廊下への移動や、気温の低い浴室で熱い湯に浸かるなどの、急激な温度変化が起きる日常の動作。ZEH住宅は、断熱効果の高く、部屋ごとの気温差が少なくなるため、ヒートショックが起こりにくくなります。

ZEHのデメリット

住宅より割高になる傾向

ZEH住宅づくりに欠かせない断熱材や発電システムは、システムの設備や、設置工事も高額であるため、同じ広さや間取りの住宅を建設するときの初期費用に大きな差がでてしまいます。数字で言えば、数百万円程度、割高になってしまうのは避けられません。

外観のデザインが限られてしまう

太陽光発電などのシステムは、発電に最適の角度で設置されるため、屋根のデザインなどが損なわれてしまうおそれがあります。モダンな造りの住宅であっても、屋根にはメカニカルなパネルが大きく設置されることになるため、住宅の美観にこだわりたい方にはデメリットになることもあります。

ZEHの他にもある住宅の違い

ZEHだけが注文住宅、というわけではありません。注文住宅には省エネ住宅、スマートハウス、長期優良住宅などさまざまな形があります。ZEHとの相違点をそれぞれ説明します。

省エネ住宅とは?

ZEHが省エネと創エネを兼ね備えた住宅であるのに対し、省エネ住宅は省エネに特化した住宅です。断熱材を使用して冷暖房の使用を減らすことでCO2の排出を抑えます。こちらも補助金制度があり、設置費の何%かが補助されます。

スマートハウスとは?

スマートハウスはIT技術を用いて毎日の電力使用量や使用時間などを把握し、最適化を行うシステムを取り入れた住宅です。電気料金が高くなる時間帯には蓄電池からの供給に切り替えるといった、効率的なエネルギーの消費と節約を可能にするという特徴をもっています。

長期優良住宅とは?

長期優良住宅は、長く住み続けることを目的とした住宅です。大型の地震や台風に強い耐震構造や、高齢者にも住みやすいバリアフリー、劣化しにくい材質の外壁などの工夫が施されています。家を新築するにあたって、どの部分に重点をおきたいのか、よく検討して選びたいものですね。