秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅で重視するもの【秩父編】 » コスト

コスト

デザインと機能性に優れていながら価格を抑えられるローコスト住宅の需要がいま増えています。ここでは、そんなローコスト住宅を建てられる秩父の代表的な3工務店を紹介します。

ローコストで選ぶなら!秩父のおすすめ工務店3社

岡田工務店

岡田工務店公式HPキャプチャ
引用元:岡田工務店公式HP(http://g-labo-house.com/)

最大の注目は「いろはいえ」。諸経費がすべて含まれた30坪1,500万円で家を建てられます。デザインが幅広く、ナチュラルモダンやガレージハウス、スタイリッシュなど、好みのテイストのなかからさらにお気に入りのデザインを選択可能。またデザインだけでなく機能性にも優れています。1年を通して家の中を最適な温度に整えられる高気密・高断熱の二重サッシを採用。快適な家を安く建てられます。

価格 1500万円
諸経費
  • 付帯諸経費
  • 照明、カーテン、アンテナ
  • 付帯工事費
  • 制震金物
  • 建築確認申請費
  • 吹き付け断熱工法
間取り 4LDK・30坪

岡田工務店のローコスト住宅を公式サイトで見る!

電話で問い合わせる

住創館

住創館公式HPキャプチャ
引用元:住創館公式HP(https://www.jusoukan.com/)

シンプルな家を安く建てたい人におすすめなのが、住創館のローコスト住宅。シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴の「FUNMODE+」と、北欧風モデル「WAFFELE+」の2タイプから選択可能です。どちらかを選んだ後は、間取りを自由設計できます。外周はオプションになりますが、それ以外は本体価格に含まれるため、自由に決められる幅の広さが特徴です。

価格 1699万円
諸経費 別途発生
間取り 不明・36坪

住創館のローコスト住宅を公式サイトで見る!

電話で問い合わせる

丸山工務店

丸山工務店公式HPキャプチャ
引用元:丸山工務店公式HP(http://my-works.co.jp/)

「他にない家」をコンセプトに、デザイン性の高い注文住宅を手掛ける工務店です。一級建築士が手掛けるデザインは過去に住宅コンクールで何度も最優秀賞に輝いており、実績は折り紙つき。多くの工務店では費用がかさむことが多いデザイン性の高い設計でも、豊富な知識と流通など工夫を凝らして、限られたコストのなかで実現してくれます。

価格 2000万円台
諸経費 別途発生
間取り 間取り・坪不明

丸山工務店のローコスト住宅を公式サイトで見る!

電話で問い合わせる

ローコスト住宅のメリット&デメリット

メリット

最大のメリットは、安く家を建てられること。1,000万円代から一戸建てが手に入るので、予算を押さえたい人や若い夫婦におすすめです。間取りやデザインなどが規格化されているので、設計料が安くなったり工期が短くなったりする点もメリットだと言えます。

デメリット

不要な経費を削って安い価格帯を実現しているローコスト住宅。とくに設計面でみると、規格化されている住宅を建てることから自由に決められることが少なくなります。仕様変更を行なうと料金が発生するため、総額が高くついてしまう可能性も…。間取りやデザインにこだわりたい人は、注文住宅を選ぶのが良いでしょう。

そもそもローコスト住宅とは?

建物の本体価格が1,000~2,000万円坪単価では20~40万程度の価格帯の住宅が該当します。安さの理由は、徹底的なコストカットによるもの。建築に必要な資材の大量一括購入や、デザインの規格化などのコストダウンによって安く家を建てられるため、性能が劣るということはありません。

ローコスト住宅のオプション

工務店によって標準仕様に含まれる内容は異なりますが、多くローコスト住宅では低いグレードのものを採用します。そのため耐震・断熱などの性能や素材、設備などをグレードアップさせることはオプションになります。ほかにもアンテナや外構も、別料金が発生することがほとんど。性能や安全性を重視する人の場合は、多くのオプションが発生してしまうかもしれません。

ローコスト住宅の気を付けるべきポイント

ローコスト住宅の多くは規格化されているため、間取りの変更はあまりできません。また保証期間が通常より短く、最低限。間取りや導線が生活に合っていなければ、後々のリフォームなどで費用がかかってしまいます。

ローコスト住宅の口コミ