秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅で重視するもの【秩父編】 » 家事導線

家事導線

家事導線にこだわった家づくり

毎日行う家事の動線はとても大事です。炊事、洗濯、掃除を楽に、効率的に行うためには、動きやすい間取りの家にしたいもの。家事を楽にするためには。キッチン、洗面所、お風呂といった水回りを集中させ、家事動線を短くすることが大切です。

洗濯している間にお風呂の掃除やキッチンの片づけなど、家事は複数を同時進行することも多いので、それぞれの進行状況が把握しやすい間取りにすると時間も短縮できます。

ここでは、部屋の役割に応じた広さや位置、他の部屋との行き来のしやすさ、収納の位置など、家事の労力を減らすために押さえておきたい家事動線を考えた家づくりについてまとめました。

キッチンの家事導線

広々とした開放的なキッチンには憧れるものですよね。しかし、キッチンで効率よく調理するためには、冷蔵庫から食材を出し、食器を出すのにもちょうどよく手が届く、そんな距離を保てるコンパクトさが必要。スペースを多くとりすぎてしまうと、かえって疲れてしまいます。

調理家電も、オーブンやレンジ、炊飯器や冷蔵庫などを、設置することを踏まえて、コンセントの数や位置なども決めておきたいものです。

また、ひとつ例をあげると、調理家電の中でも、設置する位置によって満足度が変わるのが、冷蔵庫。キッチンの入り口付近にすると、買ってきたものをしまいやすく、入ってきた人も物を取り出しやすいので、調理する人の妨げになりません

調理する人と、キッチンに物を取りに来る人の動線ができるだけ交差しない家電の配置も、キッチンの動線を考える上では重要だと言えるでしょう。

見落とされがちなのが、玄関からキッチンまでの距離。ほかの部屋を経由せずに行ける近い場所、もしくは勝手口などをつくることで、買い物の荷物を運ぶ、ごみを外へ出すなどの家事が楽になります。家族分をまとめ買いした時の搬入も楽になりますよ。

リビングの家事導線

家族みんなが集まるリビングは、どうしても物があふれて散らかりがちです。自分の部屋では置き場所が決まっているものでも、リビングでは決まっていない、ということもあります。

テレビやエアコンのリモコン、新聞や雑誌など、リビングに常時あるものの収納位置を決め、自室から持ってくるものは専用の箱やかごを利用するという方法もありますが、衣類やカバンなどをリビングに置くことも多いでしょう。

特に日常的に使うカバンやコート類は、収納できるクローゼットがリビングにあればすっきりと片付き、朝の支度もできる利点があります。家族分のクローゼットを一か所に集中させるのは、洗濯物の片づけが一度に済むというメリットもあります。とはいえ、家族が朝からばたばたと入り乱れるのも困りますね。

そこで、リビングを中心に、廊下を経由せずに各部屋へ行けるような間取りにすると、リビングから他の部屋への物の移動が簡単になり、家族もそれぞれの場所で支度しやすくなります。

家事や朝の支度の動線はできるだけシンプルな一本の線であるようにすると、楽になります。洗面所、お風呂、洗濯室などはできるだけ近くにすることで、スムーズに掃除や支度ができます。

またコンセントの場所にも気を配りたいですね。掃除機のコンセントを指しなおす回数を減らして、隅々までかけられる位置に設置するのが良いでしょう。テレビやパソコン、オーディオ機器などを置きたい場所の近くにも欲しいですね。リビングにファミリーパソコンを置くなら、電話線やジャックの位置なども考慮したいものです。

ランドリーの家事導線

洗濯は、洗う、干す、たたむ、しまうといった一連の動作ができる専用の場所があると便利です。ランドリー室からバルコニーや勝手口が直結していたり、部屋干しや、一度着ただけでは洗わない衣類などをかけておけるスペースもあれば、服があちこちにおいてある、というようなことにならずに片付けられます。

アイロンとアイロン台についても、洗濯室の中に専用の置き場所を用意することで、出し入れの手間が省けるので、使用時の面倒が減ります。ちょっとしたしわ伸ばしにもさっとアイロンできれば、気持ちいいですね。

【まとめ】
注文住宅だからこそ家事導線を意識しよう

建売住宅や中古物件など、すでに出来上がっているものに関しては、100%理想の動線は望めません。しかし、注文建築であれば、配置する家具や家電、どのような部屋の間取りにしたいかなど、具体的にイメージして、相談することで、すっきりとした家事動線を実現できます。

家はできるだけ長く綺麗に保ちたいものです。それには、毎日の家事が苦痛にならないような間取りにすることが一番の近道。コンセントの位置や数、水回りの配管などは、家は完成した後では変更ができないものですから、早い段階できちんと考えておくのが大切です。