秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅で重視するもの【秩父編】 » 秩父市の長期優良住宅制度を解説

秩父市の長期優良住宅制度を解説

長期優良住宅の認定は、地域を管轄する都道府県や市区に任されています。ほかの地域では認定を受けられる住宅も、秩父市の条件をクリアしていなければ意味はありません。ここでは、秩父市の長期優良住宅制度について解説します!

秩父市における長期優良住宅制度の取り扱いを解説

「秩父市」が認定を行うのは「4号建築物」だけ

長期優良住宅の認定を都道府県が行うのか、それとも各市区が行うのかは、地域によってさまざま。秩父市では、いわゆる「4号建築物」の認定だけを行っています。

4号建築物というのは、建築基準法の第6条で定められた「建てる際、事前に建築申請をしなければならない建築物3種類」以外のものを指す建物のことです。1号から3号までは、それぞれ以下の建物を担当しています。

1号:特殊建築物で、床面積が100平方メートル以上
2号:木造建築で、「3階建て以上」「延べ面積が500平方メートル」「高さ13メートル」「軒の高さが9メートル」のどれかを満たすもの
3号:木造建築以外で、2階建て以上の高さがあるか、延べ床面積が200平方メートル以上あるもの

基本的には、1号から3号に当てはまらない木造の2階建てや、鉄筋コンクリート造の平屋などが4号建築物です。

4号建築物以外、1号から3号建築物の長期優良住宅認定は、秩父市ではなく埼玉県が行いいます。秩父市で長期優良住宅制度を利用する場合、建てる家が4号建築物にあたるかどうかで申請窓口が変わるので注意しましょう。

秩父市で長期優良住宅の認定を受けるための手続き

認定手続きの流れ

秩父市で長期優良住宅制度を利用する際の流れは、

  1. 市の窓口で「居住環境基準」を確認
  2. 建築確認や指定確認機関等で住宅性能チェック
  3. 秩父市に長期優良住宅の認定を申請
  4. 審査をクリアしたら着工
  5. 家ができたら秩父市に完了報告

となります。「居住環境基準」の確認とは、土地の使い方や景観を保護するためのルールがある地域(地区計画区域・景観計画の区域など)に家を建てる場合、周囲の景観等に配慮しているかどうかを調べるため、事前に行政へ確認してくださいという決まりのことです。

秩父市の場合、役所の地域整備部・建築住宅課に問い合わせを行います。居住環境基準を確認できたら、注文住宅会社の指示に従って必要書類を用意し、手続きを進めていきましょう。

秩父市で長期優良住宅を建てると補助金はもらえるの?

秩父市では、長期優良住宅専門の補助金事業を行っていません。しかし、住宅の新築やリフォームをする際、太陽光発電を設置すれば「太陽光発電設備設置費補助金」がもらえます。そのほかにも、秩父産の国産材を使えば「秩父市秩父産材使用住宅等建築補助金」をもらえるなど、住宅の設備や建材に合わせていくつかの補助金を利用可能です。

ただし、市や県の補助金制度は年度ごとに実施されており、原則先着順なので、利用する場合は余裕をもって申し込む必要があります。補助金で建築費用を節約したい人は、ハウスメーカーと話し合って補助金に合わせた建築予定を組みましょう。

長期優良住宅に対応している秩父の注文住宅会社を紹介

岡田工務店

1,500万円で30坪の住宅を完全自由設計できる岡田工務店は、長期優良住宅にも対応しています。もともと、建築基準法の定める断熱性や耐震性よりレベルの高い高性能住宅を手がけているため、通常の家よりも高性能な長期優良住宅を依頼するのに最適な注文住宅会社のひとつです。

いのうえ工務店

創業から100年以上の長い歴史を持ち、国産の天然素材にこだわった家を建てるいのうえ工務店も、長期優良住宅に対応可能。天然の木材や漆喰を利用して、和風建築だけでなくモダンな家やスタイリッシュな家、西欧風のデザインを実現してもらえます。

松崎住宅産業

通常の工法に比べて、耐震性が1.5倍も高いとされている「スーパーストロング工法」を利用できる松崎住宅産業は、頑丈な住宅を求める方にうってつけの注文住宅会社です。省エネ住宅から長期優良住宅まで、幅広いニーズに対応しています。