秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 徹底リサーチ!秩父に住む前のチェックポイント » 周辺環境

周辺環境

秩父に住むことが決まったら、家づくりの前に周辺環境をチェックしておきましょう。こちらでは、交通や生活の利便性や、子育て、住環境などについてまとめています。

交通の利便性

埼玉県北西部に位置する秩父から東京方面へのアクセスは、秩父鉄道(羽生行や影森行など)を利用して2時間半ほどです。池袋とつなぐ西武秩父なら、特急「レッドアローちちぶ号」を利用すれば、約80分で池袋駅に到着します。

朝5時~9時の4時間で約37本の電車が運行しているため、少し時間がかかりますが都心へのアクセスに問題はありません。

ただ、近場の移動の場合は路線バスやタクシーの利用がメインになるため、秩父に住むなら移動手段として車があると便利です。

生活の利便性

秩父駅の周辺は自然に囲まれ、歴史文化あふれる観光地として有名なエリアです。とはいえ、「ヤオコー」「ベルク」といった埼玉県ではお馴染みの大型スーパーがあり、ファミリーレストランや和食などの飲食店も充実しています。買い物で困ることはありません。

病院や銀行、郵便局といった施設も点在しているため、生活の利便性は高いと言えるでしょう。

子育てと教育環境

子どもを育てるうえで気になる医療制度や教育環境がきちんと整っているところが、秩父の良いところです。中学校を卒業するまで「自己負担なし」という乳幼児・子ども医療費助成があるのも見逃せません。

公立・私立保育所は16ヵ所、幼稚園6ヵ所、小学校14校、中学校8校、高校2校あり、教育機関はしっかりあるので心配いりません。自然に溢れた公園も10ヵ所と数が多い点も、小さいお子さんがいる人にとっては嬉しいポイントでしょう。

住環境

春は多くの公園に色とりどりの花が咲き、秋になると大滝・荒川付近で紅葉が見られます。冬になれば、中津川で高さ50メートル超えの迫力満点な氷の滝も鑑賞できるそう。

秩父市街地は明治中期から昭和初期にかけて建てられた建物が、カフェや資料館といった姿で残されています。古き良き日本を感じさせる街並みが特徴的です。

また、犯罪発生率は0.75%と低いことからも、住みやすい環境が整っているのがわかります。

地域の将来性

関東圏の観光地として、秩父は都心から最短80分で行けることから、都市開発が進んでいます。とくに、西武鉄道の母体である西武グループが秩父観光に対して力を入れているようです。温泉レジャー施設をオープンさせたり、認知度を高めるためのテレビCMを流したりしています。

秩父は、これからますます発展していくことが期待できるエリアと言えるのです。

秩父に住む前にチェックしたい他のポイント

注文住宅を建てる際、建物の価格だけでなく、土地代も別途必要になります。秩父の地価はどれくらいか、自分が住みたい町の平均相場を見て全体の費用を出すのが無難です。

また、秩父市の助成金事情も重要なポイントのひとつ。助成金があるかないかで日々の暮らしの質が変わってきますので、地価情報と合わせてチェックしてみてください。