秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 徹底リサーチ!秩父に住む前のチェックポイント » 地価情報

地価情報

土地の売買価格である「地価」は、場所や地域によって変わるため、具体的にどこに家を建てるか決まっていない方にとっては1つの基準となります。埼玉県の中で、秩父の地価はどのくらいなのでしょうか?都市計画区域内の土地を主な対象に国土交通省が公表している「公示地価」について、詳しく調べてみました。

秩父市の地価平均

2017年度の秩父市の公示地価平均は67,716円/m2でした。坪単価の平均は223,856円/坪となり、前年度と比べると-0.68%変動しています。

秩父市の地価は1991年にもっとも高い237,000円/m2を記録していて、それからは緩やかに下降。全国的に見ても秩父の地価上昇率はかなり低いため、埼玉県内でも購入しやすい地域と言えます。

秩父の公示地価ランキングベスト5

地価平均が67,716円/m2とはいえ、秩父市内でも町ごとに地価が変わります。市内でもっとも地価が高い町はいったいどこなのでしょうか?ベスト5位を発表します!

順位 町名 最寄駅 公示地価(1m2あたり)
1位 中町 御花畑駅 104,000円
2位 宮側町 秩父駅 84,000円
3位 野坂町 西武秩父駅 83,200円
4位 熊木町 御花畑駅 69,900円
5位 中宮地町 秩父駅 64,000円

1位は秩父今宮神社がある「中町」がランクイン。日本三大曳山祭りの1つ、秩父夜祭で活躍する山車・中町屋台が有名な町です。御花畑駅が最寄りで、大型の家電屋さんや、スーパーも近所にあります。

2位に入ったのは、秩父駅周辺の「宮側町」駅周辺だけあり食事処が多く、ドラッグストアや武蔵野銀行の秩父支店も。生活には困らないでしょう。

3位は、西武秩父駅構内にある西武秩父仲見世通りで有名な「野坂町」。1年で多くの祭りが催される秩父にちなんだ温泉施設、祭の湯も野坂町を代表する癒しスポットです。

4位に入った「熊木町」は、御花畑駅の出口1(東側)に位置する町です。駅前には秩父市役所があり、小児科や歯科医院も。熊木町の最東には芝桜で有名な羊山公園があります。

5位の「中宮地町」は国道140号線が走る町で、交通の利便性が高いと言えます。さらに、今年3月に「皆野秩父バイパス」が開通したため、140号線の交通量が減った点も見逃せません。

上位5位は御花畑駅周辺(中町、熊木町)、秩父駅周辺(宮側町、中宮地町)、西武秩父駅周辺(野坂町)という結果に。1位の中町は地価10万を超えていますが、宮側町以下は一桁台と、全体的に秩父市の公示地価は安いと言えます。地価や坪単価を確認しながら、最適な土地を探すのがおすすめです。

秩父に住む前にチェックしたい他のポイント

注文住宅を建てる際、チェックしておきたいのが助成金。助成金があるかないかで日々の暮らしの質が変わってきます。

また、秩父市の周辺環境も重要なポイントのひとつ。交通や生活の利便性を検証していますので、地価情報と合わせてチェックしてみてください。