秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅は「今」が買い時!その理由は?

注文住宅は「今」が買い時!その理由は?

注文住宅に関して詳しく理解しておきたい消費税の引き上げ問題やすまい給付金、金利状況などの情報をまとめています。

お得に注文住宅を建てるために知っておきたい3つのポイント

注文住宅を検討している方、今が買い時です!というのも、2019年に引き上げられる消費税や、ローンを組む際の金利、すまい給付金という制度が、購入時に密に関わってくるからです。

マイホームは出費を伴う大きな買い物。できるだけコストを抑えたいと考える方は少なくないでしょう。だからこそ、消費税の増税や金利状況をはじめ、国から支給されるすまい給付金について、事前に確認することが大事です。

消費税増税が迫る

近年、増税が騒がれるようになりましたが、いよいよ2019年10月から消費税率10%が施行されます。それに伴い、一生に一度の大きな買い物である注文住宅をいつ購入するべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

家を建てるとなると、2%の増税でも大きな影響を与えてしまうため、国が経過措置を実施しています。決まった期限までに請負契約を交わすことができれば、増税後の2019年10月以降に家を引き渡すとしても消費税は8%のまま計算されるのです。

すまい給付金の支給

消費税率の引き上げで住宅取得者に負担を強いてしまうと考え、国が行なっている「すまい給付金」という制度があります。2021年12月まで実施される予定の制度で、不動産登記上の持分があり、収入額が510万円以下であれば最大で30万円もの給付金が受け取れるのです。

ただし、受給対象者になるにはいくつかの条件があります。申請できるのも定められた期間がありますので、対象者であると確認できた後は、早めに書類を用意しておくのが重要です。

住宅ローンの金利が最低水準

こだわりの家をつくるにも、住宅ローンで借り入れられないと注文住宅は厳しいと感じている方も多いかもしれません。そんな方にお伝えしたいのが、今は史上最低水準の金利状況だということ。住宅ローンを組む際に低金利で締結しやすいため、ベストタイミングなのです。

詳しい金利タイプやローンの組み方など、基礎知識として知っておきたい住宅ローンの情報を次のページに掲載しています。賢く家づくりするため、ぜひお役立てください。