秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅は「今」が買い時!その理由は? » すまい給付金の支給

すまい給付金の支給

増税に向けて国が創設している制度・すまい給付金について、わかりやすく解説しています。

すまい給付金とは

2019年に施行される消費税率の引き上げをもとに、住宅取得者に大きな負担を与えないよう国が創設したのが「すまい給付金」になります。2014年4月からすでに実施されていて、2021年12月まで引き続き行われる予定です。

同じような制度として住宅ローン減税がありますが、すまい給付金は住宅ローン減税の負担軽減効果が十分に得られない収入層に向けた制度。そのため、収入によって支給額が異なるのがすまい給付金の特徴です。

給付対象となるのはどんな人?

すまい給付金の受給対象者となるには、いくつかの条件があります。

  1. 住宅を所有しており、不動産登記上の持分がある
  2. 取得した住宅に住んでいる
  3. 収入が消費税8%時に510万円以下、10%時に775万円以下である
  4. (住宅ローンを利用していない場合に)50歳以上である

といった条件のもと、給付対象者となります。

また、対象者であっても、「課税される新築物件」「床面積が50㎡以上」など、住宅に課される条件もあるため、事前の確認が必要です。

どれくらいもらえるの?

消費税8%時の最大給付額は30万円となっています。収入額によって給付される金額も異なり、住宅を取得した方の収入と不動産登記上の持分割合によって決定されるのです。

まず、収入額は各市区町村が発行している課税証明書に記されている都道府県民税の所得割額で確認されます。所得割額から想定される収入額を以下にまとめましたので、ご確認ください。

収入額の目安 給付基礎額
425万円以下 30万円
425万円~475万円 20万円
475万円~510万円以下 10万円

また、不動産登記上の持分は、不動産の登記事項証明書で確認されます。

給付額は、「給付基礎額×持分割合=給付額」という計算式のもと、算出されるのです。

どうやって申請すればいいの?必要なものは?

申請期限は、基本的に住宅の引き渡しから1年以内と決められています。入居後、忘れないうちに登記の手続きや申請に必要な書類を集めなければなりません。

申請書類は国土交通省が公開している、すまい給付金の公式サイトからダウンロードできます。申請は、各都道府県に点在している申請窓口、もしくは郵送で行なってください。申請書類の確認が完了した後、およそ1.5ヶ月~2ヶ月ほどで給付金が支払われる仕組みになっています。

まだまだある!注目住宅が買い時な理由とは?

注文住宅を建てると、すまい給付金が給付されるだけではありません。注文住宅が今買い時な理由は、他にもメリットがあるからです。気になる方は下記をチェックしてみてください。