秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅は「今」が買い時!その理由は? » 消費税増税が迫る

消費税増税が迫る

注文住宅に関わってくる、2019年の増税問題を掘り下げて解説しています。実際の費用の変化もシミュレーションしていますので、ぜひチェックしてください。

2019年10月から消費税が8%→10%に!

1989年に3%の消費税法が施行されてから、これまでに5%、8%と消費税率の引き上げが繰り返されてきました。日本ではふたたび、2019年10月に10%への増税が決定しています。少額であれば大きな影響を受けることはないかもしれませんが、ざっくり計算で3,000万円もの建物を購入するとした場合、消費税は300万円になるのです。

ここで着目しておきたいのが、消費税8%のままで家づくりができる期限。通常、住宅の引き渡しが2019年9月30日までに行なわれていれば8%のままです。

ただ、注文住宅に関しては、国が経過措置をとってくれるのが見逃せないポイント。請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、引き渡しが増税後である10月1日以降になっても、消費税は8%のままになります。

家づくりの予定がある方は、工事請負業者との請負契約を2019年3月31までに完了させると、増税後と比べてお得に建てられるのです。

増税される前後でどう変わる?

8%から10%の増税は不動産業界にとって大きな問題で、単純に家の購入価格が上がるだけではありません。家の購入には、住宅ローンや仲介手数料、融資手数料、登記手数料などが関わります。現在、こういった手数料にも消費税が発生しているため、当然10%の増税対象になるのです。

実際に費用の変化をシミュレーション

消費税が8%の場合と10%の場合で、費用はどれくらい変化するのでしょうか?実際に「建物価格」「住宅ローン」「家具・家電」の3つをシミュレーションしてみました。

建物価格

建物価格が税抜きで3,000万円だった場合、

となり、60万円の差が発生します。

住宅ローン

消費税8%の場合は3,240万円、消費税10%の場合は3,300万円の借り入れが必要になります。住宅ローンのフラット35S・金利Aプランで借り入れた場合、金利は1.36%(2018年1月現在)です。この基準で増税前後の差額を見てみると、総返済額は、

となり、76万円分の差が発生します。

※シンプルな計算方法による概算です。当初10年間は金利引き上げがあるため、詳しくは住宅金融支援機構の公式サイトをご確認ください。

家具・家電

注文住宅では、照明器具や家具、外構・エクステリア設備費なども必要になります。

これらの費用が300万円と仮定した場合、

となり、6万円分の差が発生します。

建物価格、住宅ローン、家具・家電などの差額を合わせると「142万円」にのぼり、増税後に家を購入すると100万円以上の差が生まれるのです。注文住宅を検討している方は少しでも早めに行動されると少しお得に家づくりができますよ。

まだまだある!注目住宅が買い時な理由とは?

消費税増税前に注文住宅を買うとお得になりますが、今が買い時な理由は他にもメリットがあるからです。気になる方は下記をチェックしてみてください。