秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅にまつわる知っておきたい基礎知識 » 注文住宅で選べる工法

公開日: |最終更新日時:

注文住宅で選べる工法

注文住宅と言っても、様々な工法で建築されています。それぞれの工法でメリット・デメリットがあるので、分かりやすく解説していくので参考にしてください。

木造軸組工法

昔ながらに行われている工法で、在来工法とも言われています。基礎に土台を作り、柱を立て、梁などを組み立てていく工法です。骨組みが木材であり、木材で横・縦・斜めの軸を構成していくのが特徴になります。

木造軸組工法のメリット

自由度が高い

柱と梁で構成されているので、壁を設ける部分の自由度が高くなります。その結果、様々な間取りに対応することができるでしょう。間取りに強いこだわりがある方にとっては、木造軸組工法が最適です。

増改築がしやすい

壁を壊し部屋を繋げる、壁を作り部屋を増やすなども、比較的行いやすい工法です。さらに昔ながらの工法なので、リフォームの際に対応している会社も多いでしょう。

広い窓口がとりやすい

基本的に枠で構造を支えています。そのため、ほとんどの壁面で広い窓口を設けることができるでしょう。開放的で、広い窓口を希望している方にとってはオススメの工法です。

木造軸組工法のデメリット

職人によって大きく品質が変わる

基本的に現場で家を創り上げていく工法なので、職人の腕が重要になってきます。また木材という自然のものを活用するため、木材を見極める目や技術、経験が必要になるでしょう。そのため職人の技術が未熟だと、完成に差が出てしまう可能性が高いです。木造軸組工法を選択する場合には、慎重に工務店などを選択する必要があります。

工期が長い

一般的に4ヵ月~半年程度の工期が必要になります。工期の長さは人件費に関わってくるため、工期が長くなれば人件費も高くなるでしょう。早期に引っ越しを希望している方にとっては、工期を踏まえた上で検討してください。

軽量鉄骨造

6㎜未満の軽量鉄骨を用いて、骨組みを作る工法のことで、鉄骨系プレハブ工法とも言われています。様々な大手ハウスメーカーが採用しており、大工の技量に左右されずに大量生産を実現。

軽量鉄骨造のメリット

品質が安定

工場生産型になっているため、職人の経験や知識に品質が左右されることはありません。しっかりとシステム化されていることで、品質は比較的安定していると言えるでしょう。

比較的リーズナブル

工場生産により、大量に規格化された材料を生産しています。そのため材料費のコストダウンにつながるでしょう。

工期が短縮

現場では基本的に組み立てることを中心に行います。現場で作り上げる工法と比較すれば、工期は極端に短くなるでしょう。また工期を短くすることで、費用を抑えることも。

軽量鉄骨造のデメリット

自由度が少ない

規格化した製品を大量生産しているため、どうしても間取りやデザインに対する自由度が少なくなってしまいます。ゼロからデザインを決めるのではなく、ある程度決められたデザイン・間取りから選択することが多いでしょう。

結露が起こりやすい

鉄は、熱が通じやすい特徴があります。そのため室内の温度が外に逃げやすくなってしまい、冬は結露しやすいということも。

リフォームに制限がある

ハウスメーカーの独自の技術や工程で建てられているため、構造に影響を与えかねないリフォームは他社では行えないケースがあります。建築を任せたハウスメーカーしかリフォームが出来ないのは、後々デメリットを感じることも。

鉄筋コンクリート(RC)造

柱や梁、壁や床などがコンクリートで作る工法のことです。一戸建て以外にも高層ビルでも使われる工法で、型枠さえあれば、どんな設計にも対応できます。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

耐久性に優れている

鉄骨でできた骨組みの周りをコンクリートでしっかり固めています。そのため非常に強固で、住宅全体が耐火性にも優れているでしょう。さらに点ではなく面で支えることができるので高い耐震性もあります。

気密性が高い

全てコンクリートで囲っているので、気密性も高くなります。そのため冷暖房の効きも良くなるでしょう。断熱性や防音性も抜群です。

デザイン性の高さ

型枠さえあれば、基本的に様々なデザインに対応することができます。また強度もあるため、より広々とした空間を作ることも可能でしょう。また打ちっぱなしのデザインも魅力的。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

費用が高い

型枠を作るなどの作業も必要になってくるため工期は長くなってしまいます。さらに住宅全体の重量もあるので地盤改良工事なども必要になってくるでしょう。また高い材料費も加わるので、他の工法に比べると建築費用がどうしても高くなりがちです。

結露がしやすい

断熱性の対策が不足していると、どうしても結露が起こりやすくなります。しっかりと換気の対策も講じておく必要があるでしょう。

ログハウス

木材を原木に近い状態で造った家のことです。ハンドカット・ログハウスとマシンカット・ログハウスの二つに大きくわけることができ、一般的なログハウスはハンドカット・ログハウスでしょう。

ログハウスのメリット

癒し効果

ログハウスと言えば、たくさんの木材を使用しているので、木の香りが漂っています。その香りによってストレスを和らげ、リラックスする効果が期待できるでしょう。また来たくなるような雰囲気を感じさせてくれます。

断熱と調湿性の高さ

木材は断熱性と調湿性に優れた素材です。そのため夏は涼しく、冬は温かな住宅を創り上げることができるでしょう

ログハウスのデメリット

木材の性質による住宅の変化

木材は必ず経年変化が起こります。割れる・反るなどが起こる可能性があり、扱い方を間違えると、住宅の快適性に影響を及ぼしてしまうでしょう。

定期的なメンテナンスが必要

ログハウスは壁や塗装の腐食が起きていないか、などのチェックをしなければなりません。天然木を使っているからこそ、定期的なメンテナンスを欠かすことはできないでしょう。