秩父で注文住宅を任せたいおすすめの工務店3選 » 注文住宅で重視するもの【秩父編】 » 防音・遮音
  

防音・遮音

マイホームを建築する際には、趣味を楽しめるような場所が欲しいと思うものです。特に、自分の自由に間取りや構造を決められる注文住宅では、映画鑑賞をする部屋や楽器鑑賞を行いたいと考える人もいることでしょう。ただ、大きな音が出てしまう趣味は、ご近所さんのことを考えると難しいもの。ここでは、気兼ねなく音を楽しめる場所をつくるための住宅づくりのポイントを紹介しています。

自分のマイホームの「目的」に合わせて選ぶ

「防音」と「遮音」どちらがふさわしいかを判断する

防音にはレベルがあります。防音を検討される場合、多くの方は楽器演奏などを検討している方が多いのではないでしょうか。そのためどのような楽器使用を想定するかによって必要な防音レベルは異なります。 これらは遮音等級という音のレベルで定められており、ドラム演奏で「D-65」~「D-75」が望ましいとされています。費用目安として、100万円を超える費用が追加されることから、導入は最初に決めておくことが望ましいと言えるでしょう。

必要な「防音」のレベルに合わせて建物の構造を選ぶ

音は「空気」「建物」それぞれの振動で外部へ漏れる音は空気を揺らすことで発せられます。そのため、空気に音が乗り振動することで、音は外部へ漏れていってしまいます。空気を含んだ空間は、住宅の中ではほとんどが該当します。特に木造住宅の場合には、外壁と内壁の間や配管など、あらゆる部分に空気を含んだ空間があるため、完全に防音するためには技術が問われます。また、建築後の施工では難しい部分が大きいと言えるでしょう。

防音設備の整った注文住宅を作るためには?

空調設備を整える

空調設備は楽器を維持するという観点はもちろん、防音の観点においても十分に注意するべき内容と言えます。また、防音を維持しながら空調設備を整えることは、設計において十分な技術が必要となります。そのため細かな点まで配慮することができる建築士やハウスメーカーを見つけることが大切です。

300万円ほどの予算を確保する

リフォームで防音設備を整える場合には、300万円ほどの予算が必要となると言われています。そのため防音設備を整える場合にも、300万円ほどの費用を見込んでおく必要があります。 防音工事の費用を少なく見積もってしまうと、結果的に騒音被害が発生する可能性があるため、しっかり費用を確保しておきましょう。

実績のある工務店・ハウスメーカーへ依頼する

通常の住宅設計と異なり、高度な知識が問われる領域です。そのため、実績ある工務店やハウスメーカーへ依頼するのが安心と言えるでしょう。専門領域と呼ぶべき内容だからこそ、業者選びは慎重に行う必要があるため、注意が必要です。 依頼する工務店やメーカーに実績がない場合、高い費用を掛けたにも関わらず、結果的に意味のある工事とならない可能性があります。そのため、十分に注意しながら業者選定を行いましょう。適切な業者選定が、正しい防音工事のカギです。